top of page

AI×鑑定でより高い精度の目利きを

IMG_9420.JPG

当社では

「AIを使用した骨董・美術品の判別」

も行っており、インターネット上のデータとお品物を照合することで、

より"確実"に、そして"的確"に

金額をご提示させていただきます。

他社で断られてしまったお品物や、遺品整理、お片付けの際に出てきたお品物も是非一度拝見させていただきたく存じます。

​無料で出張させていただきます。

西洋美術の代表的な種類について

西洋美術は、主にヨーロッパやアメリカなどの地域で発展した美術の総称です。西洋美術史は、大きく次の5つの時代に分けられます。

  • 古代(紀元前200年以前):キリスト教誕生以前の美術で、古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマなどの文明が栄えました。神話や宗教、政治や社会の出来事を題材にした彫刻や壁画、モザイクなどが制作されました。例えば、『イシュタル門』や『アテナイの学堂』などが有名です。

  • 中世(紀元前200年から15世紀):キリスト教が広まり、教会や修道院で美術が発展しました。ビザンチン美術やロマネスク美術、ゴシック美術などがあります。聖書や聖人の物語を描いたイコンやフレスコ画、ステンドグラスなどが制作されました。例えば、『サン・マルコ大聖堂』や『シャルトル大聖堂』などが有名です。

  • ルネサンス(15世紀から16世紀):古代ギリシャ・ローマ文明の復興と人間中心主義の思想が花開きました。イタリアを中心にヨーロッパ各地で美術が革新されました。写実的で立体感のある表現や遠近法、光と影の効果などが用いられました。例えば、『モナ・リザ』や『最後の晩餐』などが有名です。

  • 近代(17世紀から19世紀):産業革命や市民革命などの社会変動とともに美術も多様化しました。バロック美術やロココ美術、新古典主義やロマン主義、印象派やポスト印象派などがあります。宗教や歴史だけでなく、日常生活や自然風景も題材にされました。例えば、『夜警』や『日傘をさす女』などが有名です。

  • 現代(20世紀から現在):第一次世界大戦以降、美術はさらに多様化しました。抽象表現主義やキュビズム、ダダイスムやシュルレアリスム、ポップアートやミニマリズムなどがあります。伝統的な絵画技法だけでなく、写真や映像、コラージュやインスタレーションなども用いられました。例えば、『泉』や『キャンベルのスープ缶』などが有名です。

スマホで簡単、お見積り オンライン査定

お客様に寄り添ったサービスを

​ご都合に合わせてご満足いただけるよう日々サービスを見直しています。

​即日対応

お急ぎの場合も安心
​即日見積・買取が可能です。

年間2000件の販売実績

実績があるからこそ高価買取が
​実現できます。

​どんなに古くても

​状態次第で年代は関係ありません。捨ててしまうその前に査定だけでもしてみませんか。
bottom of page