top of page
検索
  • 執筆者の写真典也 菅原

カーペットの正しい捨て方とは?東京・神奈川エリアでの処分方法を徹底解説

カーペットは、快適な暮らしに欠かせないインテリアの一つですが、汚れたり破れたりして使えなくなったとき、どのように処分すればいいのでしょうか?

カーペットの捨て方は、サイズや素材によって異なります。また、お住まいの自治体によっても、粗大ごみの定義や回収方法が違います。

この記事では、カーペットの正しい捨て方と、東京・神奈川エリアでの処分方法を徹底解説します。カーペットの処分にお困りの方は、ぜひ参考にしてください。


## カーペットの捨て方の基本

カーペットの捨て方の基本は、以下のようになります。

- サイズの大きなカーペットは、粗大ごみとして処分する

- サイズの小さなカーペットは、素材によって燃えるごみか燃えないごみとして処分する

- カーペットをカットして小さくすれば、通常のごみとして処分できる場合もある

- 電気カーペットは、電熱線が入っているのでカットしないで粗大ごみとして処分する

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。


### サイズの大きなカーペットは、粗大ごみとして処分する

カーペットのサイズが大きい場合は、粗大ごみとして処分する必要があります。粗大ごみとは、一般的に使用するごみ袋に入らない大きさのごみや、1辺の長さが30cm以上のものを指します。

ただし、粗大ごみの定義や回収方法は、自治体によって異なります。そのため、粗大ごみとして処分する場合は、以下の手順を踏む必要があります。

1. 自治体のホームページや粗大ごみ受付センターに連絡して、カーペットが粗大ごみに該当するか確認する

2. 粗大ごみに該当する場合は、回収の予約をする

3. 回収の予約が完了したら、処理料金分の粗大ごみシールを購入する

4. 粗大ごみシールをカーペットに貼り付ける

5. 指定された日時に、指定された場所にカーペットを出す

6. 自治体がカーペットを回収する


この方法のメリットは、処理料金が安いことです。一般的に、粗大ごみシールは300円から500円程度で購入できます。ただし、自治体によっては、粗大ごみシールの代わりに、指定の口座に振り込む場合もあります。

この方法のデメリットは、回収までに時間がかかることと、カーペットを自分で運ぶ手間がかかることです。回収の予約は、1週間から1ヶ月前にする必要がある場合が多く、急ぎで処分したい場合には不向きです。また、カーペットを自分で指定の場所に運ぶ必要がありますが、カーペットは重くてかさばるので、運ぶのが大変です。特に、階段やエレベーターがない場合や、車がない場合は、注意が必要です。


### サイズの小さなカーペットは、素材によって燃えるごみか燃えないごみとして処分する

カーペットのサイズが小さい場合は、素材によって燃えるごみか燃えないごみとして処分できる場合があります。燃えるごみや燃えないごみとは、一般的に使用するごみ袋に入る大きさのごみや、1辺の長さが30cm未満のものを指します。

ただし、カーペットの素材によっては、燃えるごみや燃えないごみとして出せない場合もあります。そのため、燃えるごみや燃えないごみとして処分する場合は、以下の手順を踏む必要があります。


1. 自治体のホームページやごみ分別ガイドで、カーペットの素材が燃えるごみか燃えないごみに該当するか確認する

2. 燃えるごみか燃えないごみに該当する場合は、指定のごみ袋に入れる

3. 指定された曜日に、指定された場所にごみ袋を出す

4. 自治体がごみ袋を回収する

この方法のメリットは、手続きが不要で、回収までの時間が短いことです。自治体が定期的に回収してくれるので、すぐに処分できます。

この方法のデメリットは、処分できるカーペットの種類が限られることです。カーペットの素材によっては、燃えるごみや燃えないごみとして出せない場合があります。例えば、カーペットの裏地に滑り止めが付いている場合や、電気カーペットの場合は、燃えるごみや燃えないごみとして出せません。また、カーペットの素材が分からない場合や、燃えるごみと燃えないごみに分けるのが難しい場合もあります。


### カーペットをカットして小さくすれば、通常のごみとして処分できる場合もある

カーペットのサイズが大きくても、カットして小さくすれば、通常のごみとして処分できる場合もあります。ただし、カーペットをカットするのは、危険が伴う作業です。そのため、カーペットをカットする場合は、以下の手順を踏む必要があります。

1. カーペットをカットする場所を確保する

2. カーペットをカットする道具を用意する

3. カーペットをカットする

4. カーペットを燃えるごみか燃えないごみに分ける

5. 指定のごみ袋に入れる

6. 指定された曜日に、指定された場所にごみ袋を出す

7. 自治体がごみ袋を回収する

この方法のメリットは、粗大ごみとして処分するよりも、処理料金が安く済むことです。カーペットをカットして小さくすれば、通常のごみ袋に入るので、粗大ごみシールを購入する必要がありません。

この方法のデメリットは、カーペットをカットするのが大変で、危険が伴うことです。カーペットは厚くて硬いので、カットするのに力が必要です。また、カーペットをカットするときに、繊維やほつれが飛び散る可能性があります。そのため、カーペットをカットするときは、必ず手袋やマスクを着用し、目や皮膚を保護することが重要です。さらに、カーペットをカットするときには、電気カーペットでないことを確認することも忘れないでください。電気カーペットは、電熱線が入っているので、カットすると感電や火災の危険があります。


### 電気カーペットは、電熱線が入っているのでカットしないで粗大ごみとして処分する

電気カーペットは、電熱線が入っているので、カットしないで粗大ごみとして処分する必要があります。電気カーペットは、家電製品の一種として扱われます。そのため、電気カーペットを処分する場合は、以下の手順を踏む必要があります。

1. 自治体のホームページや粗大ごみ受付センターに連絡して、電気カーペットが粗大ごみに該当するか確認する

2. 粗大ごみに該当する場合は、回収の予約をする

3. 回収の予約が完了したら、処理料金分の粗大ごみシールを購入する

4. 粗大ごみシールを電気カーペットに貼り付ける

5. 指定された日時に、指定された場所に電気カーペットを出す

6. 自治体が電気カーペットを回収する

この方法のメリットは、電気カーペットを安全に処分できることです。電気カーペットは、電熱線が入っているので、カットすると感電や火災の危険があります。そのため、カットしないで粗大ごみとして出すことで、事故を防ぐことができます。

この方法のデメリットは、処理料金が高いことと、回収までに時間がかかることと、電気カーペットを自分で運ぶ手間がかかることです。電気カーペットは、家電製品の一種として扱われるので、粗大ごみシールの代わりに、家電リサイクル法に基づくリサイクル料金を支払う必要があります。リサイクル料金は、電気カーペットのサイズやメーカーによって異なりますが、一般的には3000円から5000円程度です。また、回収の予約や処理料金の支払いには、時間がかかります。さらに、電気カーペットは、重くてかさばるので、運ぶのが大変です。


## 東京・神奈川エリアでのカーペットの処分方法

東京・神奈川エリアでのカーペットの処分方法は、自治体によって異なります。ここでは、東京都と神奈川県の主要な市区町村のカーペットの処分方法を紹介します。


### 東京都

東京都では、カーペットの処分方法は以下のようになります。

- サイズの大きなカーペットは、粗大ごみとして処分する

- サイズの小さなカーペットは、素材によって燃えるごみか燃えないごみとして処分する

- カーペットをカットして小さくすれば、通常のごみとして処分できる場合もある

- 電気カーペットは、電熱線が入っているのでカットしないで粗大ごみとして処分する

ただし、東京都は、23区と多摩地域と島嶼部に分かれており、それぞれに独自のごみの分別や回収方法があります。そのため、カーペットを処分する前に、自分の住んでいる区や市や町や村のホームページやごみ分別ガイドを確認することが必要です。

以下に、東京都の各区や市や町や村のホームページやごみ分別ガイドのリンクを示します。

- [豊島区]

### 神奈川県

神奈川県では、カーペットの処分方法は以下のようになります。

- サイズの大きなカーペットは、粗大ごみとして処分する

- サイズの小さなカーペットは、素材によって燃えるごみか燃えないごみとして処分する

- カーペットをカットして小さくすれば、通常のごみとして処分できる場合もある

- 電気カーペットは、電熱線が入っているのでカットしないで粗大ごみとして処分する

ただし、神奈川県は、横浜市と川崎市と相模原市とその他の市町村に分かれており、それぞれに独自のごみの分別や回収方法があります。そのため、カーペットを処分する前に、自分の住んでいる市や町や村のホームページやごみ分別ガイドを確認することが必要です。

以下に、神奈川県の各市や町や村のホームページやごみ分別ガイドのリンクを示します。

- [南足柄市]

以上が、東京・神奈川エリアでのカーペットの正しい捨て方についてのコラムです。カーペットの処分には、サイズや素材によって異なる方法があります。また、自治体によっても、粗大ごみの定義や回収方法が違います。そのため、カーペットを処分する前に、自分の住んでいる自治体のホームページやごみ分別ガイドを確認することが重要です。カーペットの正しい捨て方を知って、快適な暮らしを送りましょう。👍

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドラム式洗濯機の買取や処分方法|お得に手放すコツと注意点

ドラム式洗濯機は、省スペースで乾燥機能も備えた便利な家電ですが、故障や買い替えなどで不要になったときは、どうやって処分すればいいのでしょうか? ドラム式洗濯機は、家電リサイクル法の対象品目の一つであり、粗大ごみとして捨てることはできません。自分で正しく処分する必要があります。 しかし、ドラム式洗濯機は需要が高く、買取可能な場合もあります。買取によっては、処分にお金をかけずに、現金を受け取ることもで

電動キックボードの買取や処分方法について知っておきたいこと

電動キックボードは、近年注目されているエコで便利な移動手段の一つです。しかし、電動キックボードには、公道で走行できるものとできないものがあり、法律や規制にも注意が必要です。また、電動キックボードは、バッテリーやモーターなどの電子部品を含むため、処分する際には特別な手続きが必要になる場合があります。 そこで、この記事では、電動キックボードの買取や処分方法について、以下の項目に分けてご紹介します。 電

プリンターを捨てたくなったらどうすればいい?正しい処分方法と高く売れる方法

プリンターは私たちの仕事や勉強に欠かせない家電ですが、使わなくなったり故障したりしたらどうすればいいんでしょうか?プリンターを捨ててしまうとと環境問題だけでなく、税金や手数料などもかかりますよね。 そこで今回は、プリンターを捨てた後におすすめしたい処分方法と高く売れる方法をご紹介します。プリンター以外のデジタル家電もまとめて売却すれば、無料で出張買取を行っている専門店も存在します。 プリンターの正

bottom of page