top of page
検索
  • 執筆者の写真典也 菅原

ギターやベースの価格高騰の原因は何か?

ギターやベースの価格高騰には、さまざまな要因が絡んでいますが、主なものは以下の3つです。

• 原材料の高騰

• 物流費の上昇

• 需要の増加

原材料の高騰

ギターやベースを作るには、木材や金属などの原材料が必要ですが、これらの価格が高騰しています。特に、ギターやベースのボディやネックに使われる木材は、品質の良いものが希少になっており、入手困難になっています。例えば、ギターのボディによく使われるアルダーは、過去10年間で価格が約3倍になったと言われています。また、ベースのボディによく使われるアッシュは、アメリカで発生したアッシュボーラーという害虫の被害により、供給が激減しています。木材以外にも、ギターやベースのパーツに使われる金属やプラスチックなどの価格も上昇しており、これらの原材料費の高騰が、ギターやベースの価格に反映されています。

物流費の上昇

ギターやベースは、国内外のさまざまな場所で製造され、販売されていますが、その間には物流が必要です。しかし、新型コロナウイルスの影響で、船舶やコンテナの不足、港湾の混雑、運送業者の人手不足などが発生し、物流費が上昇しています。例えば、中国からアメリカへのコンテナ輸送費は、2020年の約4倍になったと言われています。また、日本からアメリカへの船便費用も、2020年の約2倍になったと言われています。これらの物流費の上昇も、ギターやベースの価格に影響しています。

需要の増加

ギターやベースの価格高騰のもう一つの要因は、需要の増加です。新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごす時間が増えたことで、音楽を始めたり、再開したりする人が増えました。特に、ギターやベースは、初心者でも手軽に始められる楽器であり、オンラインでのレッスンや演奏も可能です。そのため、ギターやベースの需要が高まり、在庫が減少し、価格が上昇しました。また、ギターやベースは、投資対象としても人気が高まっています。特に、年代物の「ビンテージギター」や「ビンテージベース」は、コレクターや愛好家の間で高値で取引されており、コロナ前の約2倍の価格がついているものもあります。

ギターやベースの価格高騰に対する対策は何か?

ギターやベースの価格高騰に対して、私たちができる対策は以下のようなものがあります。

• 中古品やアウトレット品を探す

• 予算に合わせてブランドやモデルを選ぶ

• ギターやベースのメンテナンスをしっかり行う

• ギターやベースの買い替えを見送る

中古品やアウトレット品を探す

新品のギターやベースが高くて手が出ない場合は、中古品やアウトレット品を探すのも一つの方法です。中古品やアウトレット品は、新品に比べて安く買えることが多く、コスパが高いです。もちろん、中古品やアウトレット品には、傷や汚れ、使用感などがある場合がありますが、それらが気にならない程度であれば、問題ありません。また、中古品やアウトレット品は、新品にはない個性や味わいがある場合もあります。中古品やアウトレット品を探す際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

• 商品の状態や付属品を確認する

• 保証や返品・交換の条件を確認する

• 評判の良い販売店やサイトを選ぶ

• 実際に試奏してみる(可能な場合)

予算に合わせてブランドやモデルを選ぶ

ギターやベースは、ブランドやモデルによって価格が大きく異なります。有名なブランドや人気のモデルは、高価であることが多いですが、それ以外にも、素材やパーツ、製造工程などによっても価格が変わります。例えば、木材は、希少性や品質によって価格が異なります。また、パーツは、国産や海外製、ブランドや素材によっても価格が異なります。さらに、製造工程は、手作業や機械作業、国内や海外などによっても価格が異なります。ギターやベースを購入する際には、自分の予算に合わせて、ブランドやモデルを選ぶことが大切です。もちろん、高価なギターやベースは、品質や性能が高いことが多いですが、それだけで音楽を楽しめるギターやベースは、高価なものではなく、自分の好みや目的に合ったものを選ぶことが大切です。予算に合わせて、ブランドやモデルを比較検討しましょう。また、インターネットや雑誌などで、ギターやベースのレビューや評価を参考にするのも良いでしょう。自分に合ったギターやベースを見つけることで、音楽をより楽しむことができます。

ギターやベースのメンテナンスをしっかり行う

ギターやベースは、価格が高騰しているだけでなく、維持費もかかります。ギターやベースは、弦やピックアップ、ポットなどの消耗品や部品を定期的に交換したり、調整したりする必要があります。これらのメンテナンスを怠ると、ギターやベースの音質や演奏性が低下したり、故障したりする可能性があります。そのため、ギターやベースのメンテナンスをしっかり行うことが大切です。メンテナンスを行う際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

• 弦は定期的に交換する

• ボディやネックは清掃や保湿をする

• パーツは点検や掃除をする

• 調整は専門店や自分で行う

ギターやベースの買い替えを見送る

ギターやベースの価格高騰に対して、最も簡単な対策は、買い替えを見送ることです。ギターやベースは、長く使える楽器であり、自分の手に馴染んだものは、他のものには代えがたいです。もちろん、新しいギターやベースに興味があるのは自然なことですが、必ずしも買い替える必要はありません。自分の持っているギターやベースを大切に使い続けることで、音楽のスキルや表現力を高めることができます。また、自分のギターやベースにカスタマイズや改造を施すことで、新しい魅力や可能性を発見することもできます。ギターやベースの買い替えを見送ることで、お金を節約するだけでなく、自分のギターやベースとの絆を深めることができます。

まとめ

ギターやベースの価格高騰は、原材料の高騰、物流費の上昇、需要の増加などの要因によって起こっています。この価格高騰に対して、私たちができる対策は、中古品やアウトレット品を探す、予算に合わせてブランドやモデルを選ぶ、ギターやベースのメンテナンスをしっかり行う、ギターやベースの買い替えを見送るなどがあります。ギターやベースは、音楽を楽しむための道具であり、価格に惑わされずに、自分に合ったものを見つけることが大切です。ギターやベースの価格高騰に負けずに、音楽を楽しみましょう。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドラム式洗濯機の買取や処分方法|お得に手放すコツと注意点

ドラム式洗濯機は、省スペースで乾燥機能も備えた便利な家電ですが、故障や買い替えなどで不要になったときは、どうやって処分すればいいのでしょうか? ドラム式洗濯機は、家電リサイクル法の対象品目の一つであり、粗大ごみとして捨てることはできません。自分で正しく処分する必要があります。 しかし、ドラム式洗濯機は需要が高く、買取可能な場合もあります。買取によっては、処分にお金をかけずに、現金を受け取ることもで

電動キックボードの買取や処分方法について知っておきたいこと

電動キックボードは、近年注目されているエコで便利な移動手段の一つです。しかし、電動キックボードには、公道で走行できるものとできないものがあり、法律や規制にも注意が必要です。また、電動キックボードは、バッテリーやモーターなどの電子部品を含むため、処分する際には特別な手続きが必要になる場合があります。 そこで、この記事では、電動キックボードの買取や処分方法について、以下の項目に分けてご紹介します。 電

プリンターを捨てたくなったらどうすればいい?正しい処分方法と高く売れる方法

プリンターは私たちの仕事や勉強に欠かせない家電ですが、使わなくなったり故障したりしたらどうすればいいんでしょうか?プリンターを捨ててしまうとと環境問題だけでなく、税金や手数料などもかかりますよね。 そこで今回は、プリンターを捨てた後におすすめしたい処分方法と高く売れる方法をご紹介します。プリンター以外のデジタル家電もまとめて売却すれば、無料で出張買取を行っている専門店も存在します。 プリンターの正

Comments


bottom of page