top of page
検索
  • 執筆者の写真典也 菅原

テレビの処分方法を徹底解説!お得に不用品を減らすコツも紹介

テレビは私たちの生活に欠かせない家電ですが、古くなったり壊れたりすると、どうしようとと悩むことも多いでしょう。そんな時に役立つのが、テレビの処分方法です。テレビは粗大ごみでは捨てられないので、適切な処分方法を知っておくことが大切です。この記事では、テレビの処分方法7つとそれぞれのメリット・デメリットを詳しく解説し、お得に不用品を減らすコツも紹介します。

テレビの処分方法7つ

テレビを処分するにはいろいろな方法がありますが、ここでは代表的な7つの方法をご紹介します。

1. 新しいテレビを購入するお店に引き取ってもらう

この方法は最もシンプルでで簡単です。新しいテレビのの搬入を依頼した場合には、そのまま古いテレビの回収も行ってくれる業者もあります。そのような場合にもテレビを処分するためのリサイクル料金や収集運運搬料金がかかりますので、料金の詳細はあらかじめ確認しておきましょう。

2. 古いテレビを購入したお店に引き取ってもらう

この方法は新しいテレビへの買い替えではなく、古いテレビを捨てたいだけの場合に便利です。家電リサイクル法では、小売業者に排出者からの家電引き取りと製造業者への引き渡しが義務付けられています。そのため、古いテレビを処分するだけでも、そのテレビを販売したお店は引き取りを拒否することはできません。

3. 市区町村に処分方法を問い合わせる

この方法は市区町村ではテレビの引き取りを代行したり、引き取ってくれる小売店や認可された処分業者の紹介を行っています。新しいテレビへの買い替えではなく、古いテレビを捨てたいだけの場合や購入したお店が分からない場合にも利用しやすい処分方法です。

4. 指定取引場所に直接持って行く

この方法は全国各地に設置されている電化製品(液晶・プラズマ・ブラウン管)等指定取引場所で直接持ち込むことができます。近くの指定取引場所については一般財団法人家電製品協会ホームページからら検索することができます。指定取引場所ではリサイクル料金 を支払う必要がありますが、自分で運搬すれば収集運搬料金はかかりません。

5. リサイクルショップに売る

この方法は古いテレビがまだ使える状態であれば、リサイクルショップに売ることができます。リサイクルショップではテレビの種類やサイズ、年式、状態などによって買取価格が変わりますが、一部の店舗では無料で引き取ってくれる場合もあります。リサイクルショップに売るメリットは、テレビを処分するだけでなく、少しでもお金に換えることができることです。デメリットは、買取価格が安い場合や引き取りに時間がかかる場合があることです。

6. ネットオークションに出品する

この方法は古いテレビがまだ使える状態であれば、ネットオークションに出品することができます。ネットオークションではテレビの種類やサイズ、年式、状態などによって落札価格が変わりますが、需要があれば高値で売れる可能性もあります。ネットオークションに出品するメリットは、テレビを処分するだけでなく、高く売ることができることです。デメリットは、出品手数料や送料がかかる場合や、落札者とのトラブルが発生する場合があることです。

7. 知人や親戚に譲る

この方法は古いテレビがまだ使える状態であれば、知人や親戚に譲ることができます。知人や親戚に譲るメリットは、テレビを処分するだけでなく、相手に喜んでもらえることです。デメリットは、相手がテレビを必要としているかどうかや、運搬の手間や費用がかかる場合があることです。

お得に不用品を減らすコツ

テレビの処分方法を紹介しましたが、テレビ以外にも不用品はたくさんありますよね。不用品を処分するときには、以下のコツを参考にしてみてください。

  • 不用品を処分する前に、まずは整理整頓をしましょう。不用品を分別して、必要なものと不要なものをはっきりさせましょう。不要なものは、処分方法に応じて分けておきましょう。

  • 不用品を処分するときには、リサイクルや再利用を考えましょう。不用品でも、まだ使えるものや価値のあるものは、リサイクルショップやネットオークションに売ったり、知人や親戚に譲ったりすることで、お金に換えたり、人の役に立ったりすることができます。

  • 不用品を処分するときには、費用や手間を節約しましょう。不用品の処分には、リサイクル料金や収集運搬料金などの費用がかかる場合があります。費用を節約するには、無料で引き取ってくれる業者や店舗を探したり、自分で持ち込んだりすることができます。手間を節約するには、一度にまとめて処分したり、出張引き取りサービスを利用したりすることができます。

まとめ

テレビの処分方法を7つと、お得に不用品を減らすコツを紹介しました。テレビは粗大ごみでは捨てられないので、適切な処分方法を知っておくことが大切です。テレビの処分方法にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、自分の状況や目的に合わせて選びましょう。不用品を処分するときには、リサイクルや再利用を考えたり、費用や手間を節約したりすることで、お得に不用品を減らすことができます。テレビや不用品の処分にお困りの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドラム式洗濯機の買取や処分方法|お得に手放すコツと注意点

ドラム式洗濯機は、省スペースで乾燥機能も備えた便利な家電ですが、故障や買い替えなどで不要になったときは、どうやって処分すればいいのでしょうか? ドラム式洗濯機は、家電リサイクル法の対象品目の一つであり、粗大ごみとして捨てることはできません。自分で正しく処分する必要があります。 しかし、ドラム式洗濯機は需要が高く、買取可能な場合もあります。買取によっては、処分にお金をかけずに、現金を受け取ることもで

電動キックボードの買取や処分方法について知っておきたいこと

電動キックボードは、近年注目されているエコで便利な移動手段の一つです。しかし、電動キックボードには、公道で走行できるものとできないものがあり、法律や規制にも注意が必要です。また、電動キックボードは、バッテリーやモーターなどの電子部品を含むため、処分する際には特別な手続きが必要になる場合があります。 そこで、この記事では、電動キックボードの買取や処分方法について、以下の項目に分けてご紹介します。 電

プリンターを捨てたくなったらどうすればいい?正しい処分方法と高く売れる方法

プリンターは私たちの仕事や勉強に欠かせない家電ですが、使わなくなったり故障したりしたらどうすればいいんでしょうか?プリンターを捨ててしまうとと環境問題だけでなく、税金や手数料などもかかりますよね。 そこで今回は、プリンターを捨てた後におすすめしたい処分方法と高く売れる方法をご紹介します。プリンター以外のデジタル家電もまとめて売却すれば、無料で出張買取を行っている専門店も存在します。 プリンターの正

bottom of page