top of page
検索
  • 執筆者の写真典也 菅原

ピアノの処分方法5選!費用は?無料の引き取り・廃棄方法もご紹介!

まず最初に、お住まいの役場にピアノの種類別に処分方法を尋ねてみましょう。一部の自治体によっては、ピアノを粗大ごみとして回収してもらえる可能性があります。しかしほとんどの自治体では、ピアノは重量がありサイズも大きいため、回収を行っていないケースがほとんどです。

アップライトピアノ

アップライトピアノは、フレームや弦、、響版が上下に伸びるように作られているタイプです。グランドピアノと比べると場所も取りませんが、重量は200~250kg程度で持ち運びも大変です。

粗大ごみとして処分する

粗大ごみとして処分する場合は、

  • 粗大ごみ受付センターに申し込む

  • 粗大ごみ処理券(有料)を購入する

  • 処理券(収集日・受付番号・氏名)を貼り付ける

  • 収集日当日指定時間までで搬出する

この手順で行えます。

ただし、

  • ピアノ以外の不用品も一一緒に回収される可能性がある

  • 電子ピアノだけでも粗大ごみとして回収されない自治体が多い

  • 出張費用や運運搬費用がかかる場合がある

などのデメリットもあります。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する場合は、

  • インターネットや電話で見積もりを取る

  • 回収日時・場所・料金・内容物等を確認する

  • 回収日当日指定時間までに搬出する

この手順で行えます。

ただし、

  • 見積もりと実際の料金が異なる場合がある

  • 不正な業者に引っかかる可能性がある

  • ピアノの再利用やリサイクルがされない場合がある

などのデメリットもあります。

ピアノ買取業者に依頼する

ピアノ買取業者に依頼する場合は、

  • インターネットや電話で査定を依頼する

  • 査定日時・場所・料金・内容物等を確認する

  • 査定日当日指定時間までに搬出する

この手順で行えます。

ただし、

  • ピアノの状態や需要によって買取価格が変わる

  • 買取価格が低い場合や買取不可の場合がある

  • 買取業者の信頼性や評判を確認する必要がある

などの注意点もあります。

ピアノ寄付・譲渡・交換する

ピアノを寄付・譲渡・交換する場合は、

  • ピアノを必要とする団体や個人を探す

  • 寄付・譲渡・交換の条件や方法を相談する

  • 寄付・譲渡・交換の日時・場所・費用・内容物等を確認する

  • 寄付・譲渡・交換の日当日指定時間までに搬出する

この手順で行えます。

ただし、

  • ピアノの状態や調律を確認する必要がある

  • 寄付・譲渡・交換の相手の信頼性や評判を確認する必要がある

  • 寄付・譲渡・交換の費用や手間がかかる場合がある

などの注意点もあります。

ピアノリサイクル業者に依頼する

ピアノリサイクル業者に依頼する場合は、

  • インターネットや電話で申し込む

  • リサイクル日時・場所・料金・内容物等を確認する

  • リサイクル日当日指定時間までに搬出する

この手順で行えます。

ただし、

  • リサイクル料金がかかる場合がある

  • リサイクル業者の信頼性や評判を確認する必要がある

  • ピアノの部品や材料が再利用されるかどうか確認する必要がある

などの注意点もあります。

グランドピアノ

グランドピアノは、フレームや弦、、響版が水平に伸びるように作られているタイプです。アップライトピアノと比べると音質や演奏性が優れていますが、重量は300~500kg程度で場所もかなり取ります。

粗大ごみとして処分する

粗大ごみとして処分する場合は、アップライトピアノと同様の手順で行えますが、以下の点に注意してください。

  • グランドピアノは分解して出さなければならない場合がある

  • 分解する場合は専門の技術や道具が必要になる

  • 分解する場合は分解費用や再組立費用がかかる

などのデメリットがあります。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する場合は、アップライトピアノと同様の手順で行えますが、以下の点に注意してください。

  • グランドピアノは分解して回収される場合がある

  • 分解する場合は専門の技術や道具が必要になる

  • 分解する場合は分解費用や再組立費用がかかる

などのデメリットがあります。

ピアノ買取業者に依頼する

ピアノ買取業者に依頼する場合は、アップライトピアノと同様の手順で行えますが、以下の点に注意してください。

  • グランドピアノはブランドや年式によって買取価格が大きく変わる

  • グランドピアノは分解して買取される場合がある

  • 分解する場合は専門の技術や道具が必要になる

などの注意点があります。

ピアノ寄付・譲渡・交換する

ピアノを寄付・譲渡・交換する場合は、アップライトピアノと同様の手順で行えますが、以下の点に注意してください。

  • グランドピアノは分解して寄付・譲渡・交換される場合がある

  • 分解する場合は専門の技術や道具が必要になる

  • 分解する場合は分解費用や再組立費用がかかる

などの注意点があります。

ピアノリサイクル業者に依頼する

ピアノリサイクル業者に依頼する場合は、アップライトピアノと同様の手順で行えますが、以下の点に注意してください。

  • グランドピアノは分解してリサイクルされる場合がある

  • 分解する場合は専門の技術や道具が必要になる

  • 分解する場合は分解費用や再組立費用がかかる

などの注意点があります。

電子ピアノ

電子ピアノは、電気信号を発生させて音を出すタイプです。アップライトピアノやグランドピアノと比べると重量は軽く、場所も取りませんが、音質やタッチ感は劣ります。

粗大ごみとして処分する

粗大ごみとして処分する場合は、

  • 粗大ごみ収集センターに申し込む

  • 粗大ごみ処理券(有料)を購入する

  • 処理券(収集日・場所・時間)を確認する

  • 処理券(収集日・場所・時間)に従って粗大ごみを出す

この手順で行えます。

ただし、

  • 粗大ごみ収集センターは、一部の地域や時間帯に限られている場合がある

  • 粗大ごみ処理券は、市内の粗大ごみ収集センターでしか購入できない場合がある

  • 粗大ごみ処理券は、市内の粗大ごみ収集センターでしか使えない場合がある

などの注意点もあります。

ピアノリサイクル業者

ピアノリサイクル業者は、ピアノを分解してリサイクルする業者です。ピアノリサイクル業者に依頼する場合は、

  • インターネットや電話で見積もりを取る

  • リサイクル日時・場所・料金・内容物等を確認する

  • リサイクル日当日指定時間までにに搬出する

この手順で行えます。

ただし、

  • リサイクル料金がかかる場合がある

  • リサイクル業者の信頼性や評判を確認する必要がある

  • ピアノの部品や材料が再利用されるかどうか確認する必要がある

などの注意点もあります。

ピアノ買取業者

ピアノ買取業者は、ピアノを買い取ってくれる業者です。ピアノ買取業者に依頼する場合は、

  • インターネットや電話で査定を依頼する

  • 査定日時・場所・料金・内容物等を確認する

  • 査定日当日指定時間までにに搬出する

この手順で行えます。

ただし、

  • ピアノのの状状態や需要によって買取価格が変わる

  • 買取価格が低い場合や買取不可の場合がある

  • 買取業者の信頼性や評判を確認する必要がある

などの注意点もあります。

ピアノ寄付・譲渡・交換

ピアノを寄付・譲渡・交換するという方法もあります。これは、自分ではなく他人にピアノを渡すことです。ピアノ寄付・譲渡・交換するという方法は、

  • ピアノを必要とする団体や個人を探す

  • 寄付・譲渡・交換の条件や方法を相相談する

  • 寄付・譲渡・交換の日時・場所・費用・内容物等を確認する

  • 寄付・譲渡・交換の日当日指定時間までにに搬出する

この手順で行えます。

ただし、

  • ピアノのの状状態や調律を確認する必要がある

  • 寄付・譲渡・交換の相手の信頼性や評判を確認する必要がある

  • 寄付・譲渡・交換の費用や手間がかかる場合がある

などの注意点もあります。

ピアノの処分方法のまとめ

ピアノの処分方法には、粗大ごみとして出す方法、不用品回収業者に依頼する方法、ピアノ買取業者に依頼する方法、ピアノ寄付・譲渡・交換する方法、ピアノリサイクル業者に依頼する方法があります。どの方法を選ぶかは、お住まいの自治体のルールや、自分の環境や目的に合わせて決めましょう。ピアノを上手に処分することで、スペースや費用を節約できるだけでなく、環境にも優しいです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドラム式洗濯機の買取や処分方法|お得に手放すコツと注意点

ドラム式洗濯機は、省スペースで乾燥機能も備えた便利な家電ですが、故障や買い替えなどで不要になったときは、どうやって処分すればいいのでしょうか? ドラム式洗濯機は、家電リサイクル法の対象品目の一つであり、粗大ごみとして捨てることはできません。自分で正しく処分する必要があります。 しかし、ドラム式洗濯機は需要が高く、買取可能な場合もあります。買取によっては、処分にお金をかけずに、現金を受け取ることもで

電動キックボードの買取や処分方法について知っておきたいこと

電動キックボードは、近年注目されているエコで便利な移動手段の一つです。しかし、電動キックボードには、公道で走行できるものとできないものがあり、法律や規制にも注意が必要です。また、電動キックボードは、バッテリーやモーターなどの電子部品を含むため、処分する際には特別な手続きが必要になる場合があります。 そこで、この記事では、電動キックボードの買取や処分方法について、以下の項目に分けてご紹介します。 電

プリンターを捨てたくなったらどうすればいい?正しい処分方法と高く売れる方法

プリンターは私たちの仕事や勉強に欠かせない家電ですが、使わなくなったり故障したりしたらどうすればいいんでしょうか?プリンターを捨ててしまうとと環境問題だけでなく、税金や手数料などもかかりますよね。 そこで今回は、プリンターを捨てた後におすすめしたい処分方法と高く売れる方法をご紹介します。プリンター以外のデジタル家電もまとめて売却すれば、無料で出張買取を行っている専門店も存在します。 プリンターの正

bottom of page