top of page
検索
  • 執筆者の写真典也 菅原

リサイクル家電の処分方法とは?正しい方法で環境にやさしい生活を始めよう!

こんにちは。今回は、リサイクル家電の処分方法についてお話ししたいと思います。

リサイクル家電とは、使われなくなった家電製品を適切に処理するための法律で定められた「特定家庭用機器再商品化法(以下、「家電リサイクル法」という)」に基づく制度です。

この制度では、「エアコン」「テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)」「冷蔵庫・冷凍庫」「洗濯機・衣類乾燥燥機」(以下、「家電4品目」と呼ばれる)が対象となっています。

これらの家電製品は、一般的に長期間使用されるものであり、廃棄物として排出されることが多いです。しかし、廃棄物として排出されるだけではなく、資源も無駄に消費されてしまいます。

例えば、

  • エアコンや冷蔵庫・冷凍庫では、フロンガスや水素などの有害物質が発生します。

  • テレビでは、プラスチックや金属などの有害物質が発生します。

  • 洗濯濯機や衣類乾乾燥機では、水や洗剤などの有害物質が発生します。

  • これらの有害物質は大気汚染や水質汚染を引き起こし、人間や動植物に健康被害を与える可能性があります。

また、

  • 家電4品目は重量があるものが多く、運搬や収集も困難です。

  • 家電4品目は価値が高いものが多く、不法投棄されたり焼却されたりする危険性もあります。

  • 家電4品目は再利用可能な部品や材料を含んでおり、廃棄物から資源を回収することで経済的効果も期待できます。

そこで、「家電リサイクル法」では、「新しい製品に買い替える場合」「買替えではなく処分する場合」「運搬を委託する場合」「自ら運搬する場合」それぞれ異なる方法で引き取りを依頼することが義務付けられています。

このように、リサイクル家電の処分方法は、法律に従って正しく行う必要があります。では、具体的にどのように処分するのでしょうか?

リサイクル家電の処分方法の種類と手順

リサイクル家電の処分方法は、大きく分けて以下の4つの種類があります。

  • 新しい製品に買い替える場合

  • 買替えではなく処分する場合

  • 運搬を委託する場合

  • 自ら運運搬する場合

それぞれの種類に応じて、手順も異なります。以下に詳しく説明します。

新しい製品に買い替える場合

新しい製品に買い替える場合は、以下の手順で処分できます。

  1. 販売店に新しい製品を購入する際に、古い製品の引き取りを依頼する。

  2. 販売店から「引き取り券」を受け取る。

  3. 「引き取り券」に記載された「リサイクル料金」を支払う。

  4. 販売店が古い製品を引き取りに来るのを待つ。

  5. 販売店が古い製品を引き取ったら、受領書を受け取る。

この方法のメリットは、販売店が古い製品の引き取りや運搬を行ってくれることです。また、新しい製品の設置や説明もしてくれることが多いです。

この方法のデメリットは、リサイクル料金が必要なことです。リサイクル料金は、家電4品目の種類やサイズによって異なりますが、一般的には以下のようになっています。

  • エアコン:約3,000円~5,000円

  • テレビ:約2,000円~4,000円

  • 冷蔵庫・冷凍庫:約4,000円~6,000円

  • 洗濯濯機・衣類乾燥機:約2,000円~3,000円

リサイクル料金は、家電製品の再利用や資源回収のために必要な費用です。リサイクル料金を支払うことで、環境にやさしい処分ができると考えてください。

買替えではなく処分する場合

買替えではなく処分する場合は、以下の手順で処分できます。

  1. 製品のメーカーに連絡して、古い製品の引き取りを依頼する。

  2. メーカーから「引き取り券」を受け取る。

  3. 「引き取り券」に記載された「リサイクル料金」を支払う。

  4. メーカーが古い製品を引き取りに来るのを待つ。

  5. メーカーが古い製品を引き取ったら、受領書を受け取る。

この方法のメリットは、販売店に行く必要がないことです。また、メーカーによっては、古い製品を引き取った後に、新しい製品の割引やプレゼントなどのサービスを提供してくれることがあります。

この方法のデメリットは、リサイクル料金が必要なことです。リサイクル料金は、前述の通り、家電4品目の種類やサイズによって異なります。

運搬を委託する場合

運搬を委託する場合は、以下の手順で処分できます。

  1. リサイクル家電の処分を行う業者に連絡して、古い製品の引き取りを依頼する。

  2. 業者から「引き取り券」を受け取る。

  3. 「引き取り券」に記載された「リサイクル料金」を支払う。

  4. 業者が古い製品を引き取りに来るのを待つ。

  5. 業者が古い製品を引き取ったら、受領書を受け取る。

この方法のメリットは、自分で運運搬する必要がないことです。また、業者によっては、古い製品を引き取った後に、新しい製品の割引やプレゼントなどのサービスを提供してくれることがあります。

この方法のデメリットは、リサイクル料金が必要なことです。リサイクル料金は、前述の通り、家電4品目の種類やサイズによって異なります。また、業者によっては、運搬費用や手数料などの追加料金が発生することがあります。その場合は、事前に料金の明細を確認しておくことが大切です。

自ら運搬する場合

自ら運搬する場合は、以下の手順で処分できます。

  1. リサイクル家電の処分を行う施設に連絡して、古い製品の持ち込みを予約する。

  2. 施設から「持ち込み券」を受け取る。

  3. 「持ち込み券」に記載された「リサイクル料金」を支払う。

  4. 自分で古い製品を施設まで運搬する。

  5. 施設で古い製品を受け渡す。

この方法のメリットは、リサイクル料金が安いことです。リサイクル料金は、前述の通り、家電4品目の種類やサイズによって異なりますが、自ら運搬する場合は、販売店やメーカーや業者に依頼する場合よりも安くなります。

この方法のデメリットは、自分で運搬する必要があることです。運搬する際には、重量やサイズに注意して、車やトラックなどの適切な手段を選ぶ必要があります。また、施設によっては、持ち込み可能な時間や曜日が限られていることがあります。その場合は、事前に施設の営業時間や定休日を確認しておくことが大切です。

リサイクル家電の処分方法を選ぶ際のポイントと注意点

リサイクル家電の処分方法を選ぶ際には、以下のポイントと注意点に気をつけましょう。

  • リサイクル家電の処分方法は、法律に従って正しく行う必要があります。不法投棄や焼却などの違法な処分方法は、環境に悪影響を及ぼすだけでなく、罰則の対象となる可能性があります。

  • リサイクル家電の処分方法は、自分の予算やニーズに合わせて選ぶことができます。リサイクル料金や運搬費用などの費用や、古い製品の引き取りや運搬の手間や時間などの負担を考慮して、最適な方法を選びましょう。

  • リサイクル家電の処分方法を選んだら、必ず「引き取り券」や「持ち込み券」を受け取りましょう。これらの券は、リサイクル家電の処分が正しく行われたことを証明するものです。また、受領書も大切に保管しましょう。

  • リサイクル家電の処分を依頼する際には、信頼できる販売店やメーカーや業者や施設を選びましょう。インターネットや電話などで勧誘してくる業者には注意しましょう。中には、不当に高い料金を請求したり、不適切な処分方法を行ったりする悪質な業者も存在します。

まとめ

今回は、リサイクル家電の処分方法についてお話ししました。

リサイクル家電の処分方法は、法律に従って正しく行う必要があります。また、自分の予算やニーズに合わせて、新しい製品に買い替える場合、買替えではなく処分する場合、運搬を委託する場合、自ら運搬する場合の4つの種類から選ぶことができます。

リサイクル家電の処分方法を選ぶ際には、リサイクル料金や運搬費用などの費用や、古い製品の引き取りや運搬の手間や時間などの負担を考慮して、最適な方法を選びましょう。また、信頼できる販売店やメーカーや業者や施設を選びましょう。

リサイクル家電の処分方法を正しく行うことで、環境にやさしい生活を始めることができます。リサイクル家電の処分方法に関するご質問やご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドラム式洗濯機の買取や処分方法|お得に手放すコツと注意点

ドラム式洗濯機は、省スペースで乾燥機能も備えた便利な家電ですが、故障や買い替えなどで不要になったときは、どうやって処分すればいいのでしょうか? ドラム式洗濯機は、家電リサイクル法の対象品目の一つであり、粗大ごみとして捨てることはできません。自分で正しく処分する必要があります。 しかし、ドラム式洗濯機は需要が高く、買取可能な場合もあります。買取によっては、処分にお金をかけずに、現金を受け取ることもで

電動キックボードの買取や処分方法について知っておきたいこと

電動キックボードは、近年注目されているエコで便利な移動手段の一つです。しかし、電動キックボードには、公道で走行できるものとできないものがあり、法律や規制にも注意が必要です。また、電動キックボードは、バッテリーやモーターなどの電子部品を含むため、処分する際には特別な手続きが必要になる場合があります。 そこで、この記事では、電動キックボードの買取や処分方法について、以下の項目に分けてご紹介します。 電

プリンターを捨てたくなったらどうすればいい?正しい処分方法と高く売れる方法

プリンターは私たちの仕事や勉強に欠かせない家電ですが、使わなくなったり故障したりしたらどうすればいいんでしょうか?プリンターを捨ててしまうとと環境問題だけでなく、税金や手数料などもかかりますよね。 そこで今回は、プリンターを捨てた後におすすめしたい処分方法と高く売れる方法をご紹介します。プリンター以外のデジタル家電もまとめて売却すれば、無料で出張買取を行っている専門店も存在します。 プリンターの正

bottom of page