top of page
検索
  • 執筆者の写真典也 菅原

古着市場でのブランド価値と落ちにくいブランドと価値がなくなるブランドの違いとは?

古着でも値段の落ちにくいブランドと価値のなくなるブランドについて、以下のようなポイントをまとめてみました。

【値段の落ちにくいブランド】

  1. シンプルでクラシックなデザインを持つブランド 値段が高くても、シンプルでクラシックなデザインを持つブランドは、時代を超えて長く着用されるため、価値が落ちにくくなっています。例えば、ラルフローレンやトミーヒルフィガー、ビッグジョンなどがあります。

  2. ヴィンテージとしての価値があるブランド 古着市場での需要が高いブランドは、ヴィンテージとしての価値が高く、値段が落ちにくくなっています。例えば、リーバイスやチャンピオン、スタジオダルチザンなどが挙げられます。

  3. ブランドイメージが強く、ファンが多いブランド ブランドイメージが強く、愛好者が多いブランドは、需要があるため、値段が落ちにくくなっています。例えば、ステューシー、アディダス、ナイキなどが挙げられます。

【価値のなくなるブランド】

  1. トレンドに左右されるブランド トレンドに左右されるブランドは、そのトレンドが終わると需要が減り、価値が下がってしまいます。例えば、スケーター向けのブランドやストリート系ファッションブランドなどが挙げられます。

  2. 品質やデザインが劣るブランド 品質やデザインが劣るブランドは、需要が減り、価値が下がってしまいます。例えば、無名のスポーツブランドやカジュアルブランドなどが挙げられます。

  3. 過剰な生産や流通があるブランド 過剰な生産や流通があるブランドは、需要に対して供給が過剰になり、価値が下がってしまいます。例えば、ファストファッションブランドや大量生産ブランドなどが挙げられます。

以上のように、古着でも値段の落ちにくいブランドと価値のなくなるブランドがあります。古着を売る際には、ブランドや商品の特徴を把握し、需要があるかどうか、時代やトレンドに左右されない価値があるかどうかを考慮することが重要です。また、古着の状態や希少性、コレクターの需要なども価格に影響を与えるため、状態やブランドだけでなく、その商品が持つ特徴を全体的に判断することが大切です。

ただし、ブランドや商品の価値は常に変動するため、古着市場の動向にも注意が必要です。時代によって需要が変わるブランドもありますし、特定のコレクターが珍重するブランドもあるため、古着市場のニーズを把握しておくことも重要です。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドラム式洗濯機の買取や処分方法|お得に手放すコツと注意点

ドラム式洗濯機は、省スペースで乾燥機能も備えた便利な家電ですが、故障や買い替えなどで不要になったときは、どうやって処分すればいいのでしょうか? ドラム式洗濯機は、家電リサイクル法の対象品目の一つであり、粗大ごみとして捨てることはできません。自分で正しく処分する必要があります。 しかし、ドラム式洗濯機は需要が高く、買取可能な場合もあります。買取によっては、処分にお金をかけずに、現金を受け取ることもで

電動キックボードの買取や処分方法について知っておきたいこと

電動キックボードは、近年注目されているエコで便利な移動手段の一つです。しかし、電動キックボードには、公道で走行できるものとできないものがあり、法律や規制にも注意が必要です。また、電動キックボードは、バッテリーやモーターなどの電子部品を含むため、処分する際には特別な手続きが必要になる場合があります。 そこで、この記事では、電動キックボードの買取や処分方法について、以下の項目に分けてご紹介します。 電

プリンターを捨てたくなったらどうすればいい?正しい処分方法と高く売れる方法

プリンターは私たちの仕事や勉強に欠かせない家電ですが、使わなくなったり故障したりしたらどうすればいいんでしょうか?プリンターを捨ててしまうとと環境問題だけでなく、税金や手数料などもかかりますよね。 そこで今回は、プリンターを捨てた後におすすめしたい処分方法と高く売れる方法をご紹介します。プリンター以外のデジタル家電もまとめて売却すれば、無料で出張買取を行っている専門店も存在します。 プリンターの正

Comments


bottom of page