top of page
検索
  • 執筆者の写真典也 菅原

日本産の真珠の価格が高騰している理由と、その魅力

日本産の真珠の価格が高騰している理由と、その魅力についてお伝えします。 真珠は自然の恵みで作られる宝石で、その美しさや品質には世界中から注目されています。 しかし、真珠の生産は環境や気候の影響を受けやすく、近年は養殖に使う貝の大量死や中国の買い占めなどで供給が減少しています。 その結果、真珠の価格はここ数年で2倍以上に上昇しており、今後も高騰が続くと予想されています。 この記事では、真珠の価格高騰の背景と、日本産の真珠の特徴や選び方、おすすめの商品などをご紹介します。 真珠の価格高騰の背景 真珠の価格高騰には、以下のような要因があります。 1. 養殖貝の大量死 真珠は、貝の体内に異物が入ると、それを包むように真珠層を形成することでできます。 人工的に真珠を作る場合は、貝に核と呼ばれる小さな球体を入れて、真珠層を作らせます。 この核入れから出荷までには、早いもので1年、長いもので3年かかります。 しかし、2019年に日本の主要なあこや真珠の産地である愛媛県や長崎県、三重県などで、養殖に使うあこや貝の大量死が発生しました。 大量死の原因としては、海水温の上昇や感染症などが考えられています。 この影響で、日本のあこや真珠の生産量は約3分の1に減少しました。 つまり、ここから1~3年は供給が激減することになります。 2. 中国の買い占め 日本の真珠は、その品質や加工技術に世界的な信頼があります。 特に、日本産のあこや真珠は、真珠の王様と呼ばれるほどの高級品です。 そのため、日本の真珠は海外からの需要が高く、特に中国本土からのバイヤーが多く訪れます。 中国では、真珠は縁起の良いものとされており、結婚式や誕生日などの贈り物として人気があります。 また、日本の真珠は円安の影響で安く買えるという理由もあります。 中国のバイヤーは、日本の真珠のほとんどを買い占めてしまいます。 その中でも、品質の良いものや大きいものは、高値で取引されます。 日本に残る真珠で、品質の良いものとなると、必然的に価格も高騰してしまいます。 3. SDGsへの関心の高まり 真珠は、自然が作り出す宝石です。 そのため、真珠の産地や生産過程には、環境や社会に対する配慮が必要です。 例えば、養殖に使う貝は、海の生態系に影響を与える可能性があります。 また、真珠の加工や販売には、多くの人々の労働や暮らしが関わっています。 近年は、SDGs(持続可能な開発目標)への関心が高まっており、宝石にも倫理性や透明性を求める消費者が増えています。 その中で、日本の真珠は、産地が確かで、品質や加工にも信頼があります。 また、日本の真珠業界は、環境保護や社会貢献にも積極的に取り組んでいます。 例えば、日本真珠振興協会は、真珠の産地や生産者の情報を公開する「真珠パスポート」を発行しています。 これは、消費者に真珠の物語を伝えるとともに、真珠の価値を高める取り組みです。 また、日本の真珠業界は、海洋環境の保全や地域の活性化にも貢献しています。 例えば、養殖に使う貝は、海の浄化作用や魚の餌になることで、海の生態系を豊かにします。 また、真珠の加工や販売には、地元の人々の雇用や収入にもつながります。 日本の真珠は、自然と人との調和を大切にした、サステナブルな宝石です。 日本産の真珠の特徴と選び方 日本産の真珠には、主に以下の3種類があります。 あこや真珠 あこや真珠は、日本が世界に誇る真珠です。 あこや貝という貝から作られる真珠で、真円に近く、色彩豊かで光沢が強いのが特徴です。 あこや真珠は、直径が5~9ミリ程度のものが多く、フォーマルなシーンにも似合います。 あこや真珠を選ぶときには、以下の6つのポイントに注意しましょう。

照り

照りとは、真珠の光沢のことで、真珠の品質を判断する重要な指標です。 照りが強い真珠は、手にしたときに真珠に映る影がはっきりと見えます。 反対に、照りが弱い真珠は、ぼやけて見えます。 照りが強い真珠ほど、高価になります。

巻き

巻きとは、核の周りに形成される真珠層の厚さのことで、厚さがあるほど巻きが良いとされます。 また、真珠の耐久性や光沢にも影響します。 あこや真珠の場合は、厚さが0.35~0.5ミクロンという非常に薄い結晶が1000枚以上重なって真珠層を形成しており、巻きが厚いほど耐久性に優れ、強い光沢を放ちます。

キズ

キズとは、養殖の際に表面に自然にできる突起やくぼみのことを指します。真珠は自然にできるものなので、完全に無傷のものはほとんどありません。 キズが多いほど、真珠の価値は下がります。 しかし、キズは目立たない場合もありますし、キズがあっても魅力的な真珠もあります。 キズは、自分の好みや予算に合わせて選びましょう。

形とは、真珠の形のことで、真円に近いほど高価になります。 あこや真珠は、真円に近いものが多く、ネックレスやピアスなどに向いています。 しかし、真円でないものも、個性的で魅力的なものがあります。 例えば、涙型やバロック型などは、ペンダントやイヤリングなどに使われます。 形は、自分の好みやスタイルに合わせて選びましょう。

色とは、真珠の色のことで、白やピンク、グリーンなど様々な色があります。 あこや真珠は、白やピンクが多く、上品で清楚な印象を与えます。 しかし、グリーンやブルーなどの珍しい色もあり、個性的で目を引くものもあります。 色は、自分の肌色や好みに合わせて選びましょう。

光彩

光彩とは、真珠の表面に見える虹色の輝きのことで、色彩とも呼ばれます。 光彩が強い真珠は、色が豊かで美しいです。 あこや真珠は、光彩が強いものが多く、高級感があります。 光彩は、自分の好みやコーディネートに合わせて選びましょう。 大きさ 大きさとは、真珠の直径のことで、大きいほど高価になります。 あこや真珠は、5~9ミリ程度のものが多く、小さすぎず大きすぎないので、どんなシーンにも合います。 しかし、大きさは、自分の体型や顔の大きさにも合わせて選ぶことが大切です。 大きすぎると重く見えたり、小さすぎると目立たなかったりします。 大きさは、自分に似合うものを選びましょう。 日本産の真珠のおすすめ商品 日本産の真珠は、その品質や美しさに定評があります。 しかし、真珠は自然のものなので、一つ一つが異なります。 そのため、真珠を選ぶときには、自分の目で見て確かめることが大切です。 また、真珠は、チェーンや金具などの素材やデザインによっても印象が変わります。 そのため、真珠を買うときには、自分の好みやスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。 ここでは、日本産の真珠のおすすめ商品をいくつかご紹介します。 あこや真珠のネックレス あこや真珠のネックレスは、真珠の王様と呼ばれるほどの高級品です。 真円に近く、色彩豊かで光沢が強いあこや真珠は、どんな服装にも合わせやすく、上品で華やかな印象を与えます。 あこや真珠のネックレスは、長さや色、デザインなど様々な種類があります。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドラム式洗濯機の買取や処分方法|お得に手放すコツと注意点

ドラム式洗濯機は、省スペースで乾燥機能も備えた便利な家電ですが、故障や買い替えなどで不要になったときは、どうやって処分すればいいのでしょうか? ドラム式洗濯機は、家電リサイクル法の対象品目の一つであり、粗大ごみとして捨てることはできません。自分で正しく処分する必要があります。 しかし、ドラム式洗濯機は需要が高く、買取可能な場合もあります。買取によっては、処分にお金をかけずに、現金を受け取ることもで

電動キックボードの買取や処分方法について知っておきたいこと

電動キックボードは、近年注目されているエコで便利な移動手段の一つです。しかし、電動キックボードには、公道で走行できるものとできないものがあり、法律や規制にも注意が必要です。また、電動キックボードは、バッテリーやモーターなどの電子部品を含むため、処分する際には特別な手続きが必要になる場合があります。 そこで、この記事では、電動キックボードの買取や処分方法について、以下の項目に分けてご紹介します。 電

プリンターを捨てたくなったらどうすればいい?正しい処分方法と高く売れる方法

プリンターは私たちの仕事や勉強に欠かせない家電ですが、使わなくなったり故障したりしたらどうすればいいんでしょうか?プリンターを捨ててしまうとと環境問題だけでなく、税金や手数料などもかかりますよね。 そこで今回は、プリンターを捨てた後におすすめしたい処分方法と高く売れる方法をご紹介します。プリンター以外のデジタル家電もまとめて売却すれば、無料で出張買取を行っている専門店も存在します。 プリンターの正

Comments


bottom of page