top of page
検索
  • 執筆者の写真典也 菅原

電動キックボードの買取や処分方法について知っておきたいこと

電動キックボードは、近年注目されているエコで便利な移動手段の一つです。しかし、電動キックボードには、公道で走行できるものとできないものがあり、法律や規制にも注意が必要です。また、電動キックボードは、バッテリーやモーターなどの電子部品を含むため、処分する際には特別な手続きが必要になる場合があります。

そこで、この記事では、電動キックボードの買取や処分方法について、以下の項目に分けてご紹介します。

  • 電動キックボードの買取方法

  • 電動キックボードの処分方法

  • 電動キックボードの法律や規制について

電動キックボードの買取方法

電動キックボードを売りたい場合は、以下の方法があります。

  • リサイクルショップに買取に出す

  • フリマアプリやオークションサイトで売る

  • 買取専門店に買取に出す

それぞれの方法について、メリットとデメリットを見ていきましょう。

リサイクルショップに買取に出す

リサイクルショップに買取に出す場合は、近くの店舗に持ち込んで査定してもらうか、宅配買取のサービスを利用するかのどちらかになります。リサイクルショップに買取に出すメリットとデメリットは以下の通りです。

  • メリット

  • 査定や買取がスピーディーに行われる

  • 現金やポイントで即日支払われる

  • 電動キックボード以外の不用品も一緒に買取に出せる

  • デメリット

  • 買取価格が安くなる可能性が高い

  • 査定基準や買取条件が店舗によって異なる

  • 売れ筋の商品や人気のメーカーでないと買取に応じてもらえない場合がある

フリマアプリやオークションサイトで売る

フリマアプリやオークションサイトで売る場合は、自分で商品の写真や説明を掲載して、買い手を探します。フリマアプリやオークションサイトで売るメリットとデメリットは以下の通りです。

  • メリット

  • 買取価格を自分で設定できる

  • 需要が高い商品や希少な商品は高値で売れる可能性がある

  • 自宅から出ずに売ることができる

  • デメリット

  • 売れるまでに時間がかかる場合がある

  • 買い手とのやりとりや発送などの手間がかかる

  • サイトの利用料や手数料がかかる場合がある

買取専門店に買取に出す

買取専門店に買取に出す場合は、電話やインターネットで事前に査定を依頼して、出張買取や宅配買取のサービスを利用します。買取専門店に買取に出すメリットとデメリットは以下の通りです。

  • メリット

  • 電動キックボードに詳しい専門スタッフが査定してくれる

  • 状態や年式に関係なく買取に応じてくれる場合がある

  • 梱包や発送の手間が省ける場合がある

  • デメリット

  • 査定や買取に時間がかかる場合がある

  • 買取価格が安くなる可能性がある

  • 買取店によっては買取対象外の商品やメーカーがある場合がある

電動キックボードの買取方法のまとめ

電動キックボードの買取方法は、リサイクルショップに買取に出す、フリマアプリやオークションサイトで売る、買取専門店に買取に出すの3つがあります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の状況や目的に合わせて選ぶことが大切です。また、買取価格を高くするためには、電動キックボードの状態や付属品を整えておくことや、複数の買取店の査定を比較することが有効です。

電動キックボードの処分方法

電動キックボードを売ることができない場合や、売る気がない場合は、処分する必要があります。しかし、電動キックボードは、電子部品やバッテリーなどの危険物を含むため、普通のごみとして捨てることはできません。電動キックボードを処分する方法は、以下の通りです。

  • 粗大ごみとして処分する

  • 家電リサイクル法に基づいて処分する

  • メーカーや販売店に引き取ってもらう

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

粗大ごみとして処分する

粗大ごみとして処分する場合は、市町村の粗大ごみ回収のサービスを利用します。粗大ごみとして処分するメリットとデメリットは以下の通りです。

  • メリット

  • 自宅から出ずに処分できる

  • 処分料金が安い場合がある

  • デメリット

  • 事前に申し込みや料金の支払いが必要

  • 回収日や時間が指定できない場合がある

  • 電動キックボードが粗大ごみとして受け付けられない場合がある

  • 家電リサイクル法に基づいて処分する

  • テレビ

  • 冷蔵庫・冷凍庫

  • 洗濯機・衣類乾燥機

  • エアコン

  • メリット

  • 環境にやさしい処分ができる

  • メーカーや販売店が回収や処分の手続きを行ってくれる

  • デメリット

  • 処分料金が高い場合がある

  • 回収日や時間が指定できない場合がある

  • 電動キックボードが家電リサイクル法の対象品目に含まれない場合は、処分できない

  • メリット

  • 無料で処分できる場合がある

  • 電動キックボードのメンテナンスや修理のサービスが受けられる場合がある

  • デメリット

  • 回収や処分のサービスがない場合がある

  • 回収や処分の条件が厳しい場合がある

  • 回収や処分の手数料がかかる場合がある

  • 最高速度が20km/h以下であること

  • ブレーキやライトなどの安全装置が備わっていること

  • 自賠責保険に加入していること

  • 道路交通法や道路運送車両法などの法令を遵守すること

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドラム式洗濯機の買取や処分方法|お得に手放すコツと注意点

ドラム式洗濯機は、省スペースで乾燥機能も備えた便利な家電ですが、故障や買い替えなどで不要になったときは、どうやって処分すればいいのでしょうか? ドラム式洗濯機は、家電リサイクル法の対象品目の一つであり、粗大ごみとして捨てることはできません。自分で正しく処分する必要があります。 しかし、ドラム式洗濯機は需要が高く、買取可能な場合もあります。買取によっては、処分にお金をかけずに、現金を受け取ることもで

プリンターを捨てたくなったらどうすればいい?正しい処分方法と高く売れる方法

プリンターは私たちの仕事や勉強に欠かせない家電ですが、使わなくなったり故障したりしたらどうすればいいんでしょうか?プリンターを捨ててしまうとと環境問題だけでなく、税金や手数料などもかかりますよね。 そこで今回は、プリンターを捨てた後におすすめしたい処分方法と高く売れる方法をご紹介します。プリンター以外のデジタル家電もまとめて売却すれば、無料で出張買取を行っている専門店も存在します。 プリンターの正

季節家電の買取や処分方法を知っておこう!

夏や冬など、季節ごとに家電製品の需要が変わります。春や秋など、古くなった家電製品を処分したり、新しい家電製品に買い替えたりする際には、どのような方法があるのでしょうか? 今回は、季節家電の買取や処分方法について解説します。また、季節家電を高く売るためのコツも紹介します。 季節家電とは? 季節家電とは、一年中使えるように設計された家電製品のことです。例えば、 冷蔵庫や冷凍庫 空気清浄機や除湿機 テレ

bottom of page